リノベーションは価格変動が激しい|じっくり考えよう

女性

住宅の補修工事の流れ

男の人

見積もりから工事完了まで

住宅は建築後約10を経過すると傷みや不具合が目立つようになっています。特に外壁や屋根は10年が塗り替え時期といわれており、美観や防水効果を維持するためにはリフォームが必要です。なにもせずに放置すると雨漏りやカビの原因になり室内の木材を腐食させてしまいます。そして結果的には建物の耐久性を低下させることにもなります。また、不具合や老朽化が目立たなくても生活しているうちに様々な希望が出てきます。希望は人によって様々ですが、三田のリフォーム会社ではお風呂やキッチン、屋外の塗り替え工事、間取りの変更を希望する方が多くなっています。三田のリフォーム会社では電話やメールで施工主の希望や改善したい点を聞き取ります。そして、日時を決めて依頼主の自宅を訪問し現場の状況確認を行います。その後は施工主の希望と予算を考慮した見積書とリフォームプランを提案します。三田のリフォーム会社では図面を作成するところもありますが、CGで立体化した画像を施工主に示して説明するところもあります。見積もり金額、リフォームプランについて施工主が納得したら契約を結びます。契約後は工事着工の日時や完了日についてリフォームと相談します。三田のリフォーム会社では着工の数日前に周辺住民に挨拶を行っています。施工主も一声挨拶しておくようにすると良いでしょう。そして、リフォーム工事終了後に施工主が契約通りの工事が行われたか確認して了解すれば工事完了となります。