リノベーションは価格変動が激しい|じっくり考えよう

女性

流れをつかんでおく

作業員

自発的に参加する

新築で家を建てるよりも、工務店の仕事の範囲が広いのが、東京のリフォーム工事です。東京のリフォームは、修理や修繕のような軽いメンテナンスから、大規模な増改築まであり、家によってそれぞれ条件が異なります。それにより具体的なリフォーム工事の流れや工期も家ごとに違います。そのため、東京でリフォームする場合は、自分の家の工事の内容と規模とリフォームの流れを把握し、自発的に参加することが大切です。リフォームの流れとしては、まず、準備期間に家のどの部分をどう直したいのか、予算はどのくらいあればいいか、全体のイメージなど考えリフォームの形をまとめます。続いて依頼先を絞り込み、いよいよリフォーム本番です。依頼先選びは、数社の東京のリフォーム業者から引き渡し済みの工事事例を見せて貰ったり、相見積もりを取ったり、図面をチェックしたり、工事の仕上がりと費用を見比べながら慎重に進めていき、数社の中から気に入った1社に決定します。契約の際には、工事請負契約書、工事請負契約約款、実施設計図・仕様書、見積書の4つの書類が揃えられます。工事請負契約書では、工事金額と着工日、完成引き渡し日が明記されているかを確認しましょう。そして工事が始まります。工事には解体工事、木工事、給排水工事、塗装工事などがありますが、ある程度工事が進んできたら、イメージ通りになっているかをチェックします。そして工事が完成したらついに引き渡しとなります。